現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 雨樋・破風板の塗装

2021.3.7

雨樋塗装の画像

今回の現場レポートは神奈川県伊勢原市の屋根・外壁塗装工事の現場の続きをお伝えします。今回行いました作業は付帯塗装の中の雨樋と破風板の塗装です。雨樋は塩ビ製の雨樋が取り付けられており、色褪せしている状態です。

 

塩ビ製の雨樋は太陽の紫外線などが原因して色褪せや硬くなる症状が出てきます。新しい状態の時は柔軟性のある素材なのですが、経年劣化して硬くなると割れやすくなりますので、破損には注意しなければなりません。

 

雨樋塗装の画像

 

また、軒樋は継ぎ手のところに隙間ができて水漏れを起こすこともありますので注意が必要です。もし、雨樋に損傷がある場合は塗装前にしっかりと直してあげることが大切です。

 

当社は雨樋修理も承っておりますので、もし雨樋が破損している場合は、塗装工事と一緒に修理することをおすすめします。雨樋の修理についてはこちらの「雨樋修理」をご覧ください。

 

破風板塗装の画像

 

雨樋の他に破風板も塗装しました。ご依頼いただいたお客様のお家の破風は木材が使われていますので、腐食させないために塗装して保護することが大切です。

 

破風板塗装の画像

 

下地処理を行ってから破風板を塗装しました。塗装するとツヤがでて美観性が向上します。今回は雨樋と同じ色で破風板も仕上げました。

 

破風板は水に触れやすい場所ですので、塗装の劣化には注意しておくことが大切です。もし、腐食してしまうと交換しなければいけなくなってしまうこともあるので、定期的にメンテナンスすることが大切です。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る