現場レポート

神奈川県厚木市 S様邸 屋根・外壁塗装工事 窓のコーキング工事

2021.5.21

コーキング工事の画像

神奈川県厚木市の現場にて、今回は窓のコーキング工事を現場レポートします。

窓と外壁の取り合いにはコーキングを打って防水処理がされています。

 

コーキングは劣化するとひび割れや隙間ができる症状が出ます。

木造住宅の場合は窓の付近に柱や下地材の木材がありますので、水が入ると腐食する恐れがあります。

 

また、1階の窓の下には土台がありますので、水が下につたって土台を濡らしてしまうので注意が必要です。

水分を含んだ木材はシロアリを寄せ付ける原因となり、もし食べられてしまうと大きな被害を受けてしまいます。

 

構造体がやられてしまうと修復する工事も規模がでかくなりますので、このような状況が起こる前にメンテナンスをしておくことが大切です。

 

コーキング工事の画像

 

コーキングの工事は、施工場所に下地との密着性を高めるためのプライマーを塗ります。

プライマー塗布後はコーキングを充填していきます。

 

コーキング工事の画像

 

窓周りにはコーキングがくっつかないようにマスキングテープを貼って養生をしておきます。

こうすることで見栄えがきれいに仕上がります。

 

コーキングを打った後はヘラで均して最後にテープを剥がして完了です。

コーキングの打ち替えは重要な防水工事ですから、長く建物を維持していくためにもしっかりメンテナンスを行っていきましょう。

 

最近では耐用年数の長いコーキングが販売されました。

詳しくはこちらの「オートンイクシード」をでお伝えしておりますので良ければこちらをご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る