現場レポート

神奈川県秦野市 外壁塗装 中塗り〜上塗り

2021.9.11

外壁塗装の画像

神奈川県秦野市の塗装現場の続きです。

本日は外壁の仕上げ塗装を行いましたのでお伝えしていきます。

 

外壁塗装の仕上げは中塗りと上塗りの工程になります。

どちらも同じ仕上げ剤を塗って仕上げていきますが、下塗りは下塗り剤というものがあって仕上げ剤とは種類が異なります。

 

下塗り剤は下地との密着性を高める接着剤の役割があり、仕上げ剤とは用途が違います。

下地処理と同じく下塗りは塗装の耐久性に関わる工程ですので、正しく施工することが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「施工前の下地処理」をご覧ください。

 

外壁塗装の画像

 

中塗りから外壁に色がついていきますので、外観の印象も少しずつ変わってきます。

施工前の色あせた状態から比べると外壁に色つやがでてくるため、建物の輪郭がはっきりし、存在感が増してきます。

 

もちろん見栄えだけでなく性能も向上しておりますので、これからも長く建物を維持し続けていくことができます。

 

外壁塗装の画像

 

中塗り完了後は、乾燥時間をあけてから上塗りを行います。

塗装回数も大切ですが、塗った後の塗膜厚も確認する必要があります。

 

塗膜に厚みがないと性能も落ちてしまいますので、厚みが確保できていない場合はしっかり塗料を塗り重ねていくことが大事です。

 

塗装工事の工程についてはこちらの「外壁塗装」をご覧ください。

“mu”

 

海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、秦野市、厚木市、伊勢原市で、塗装工事、屋根工事のことなら、RINOAへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る