屋根塗装の最適な時期とタイミング!知っておくべき基本知識を徹底解説!

屋根塗装の最適な時期とタイミング!知っておくべき基本知識を徹底解説!

2022.1.8

屋根塗装は、雨漏りがなければ行う必要はないと考えてはいませんか?

しかし、屋根塗装は見た目を綺麗にすること以外にも重要な役割がたくさんあります。

屋根塗装を怠ると最終的に高額な費用がかかるケースもあるので注意が必要です。

今回は、屋根塗装の必要性や最適な時期、放置すると何が起きるのかなど基本的な知識を詳しく解説します。

 

屋根塗装の必要性

屋根塗装

日本の住宅で屋根塗装が必要な屋根材は、スレート屋根、金属屋根、セメント瓦屋根などです。

一般的な住宅で塗装が全く必要のない屋根は、日本瓦のような陶器瓦ぐらいではないでしょうか。

近年、住宅の屋根はスレート屋根かガルバリウム屋根が主流になっています。

そういう意味では、ほとんどの屋根を塗装しなくてはなりません。

我が家の屋根がどのような屋根材なのかを確認し、なぜ屋根塗装が必要なのかを考えていきましょう。

 

雨漏りが起こる

屋根塗装は、雨や劣化を防ぐために最も必要なリフォーム工事です。

塗装しないで放置していると雨水が屋根の内部まで侵入しやすく、雨漏りを起こすリスクが高くなります。

屋根の内部まで侵入した雨水は屋根材を劣化させ、いずれは室内まで及んでしまうのです。屋根の下地材である野地板や垂木などを腐食させてしまえば、屋根材を葺き変えるだけではすまなくなるでしょう。

やがて屋根材とルーフィングを撤去し、野地板の張り替えや垂木の交換などが必要になれば、高い費用を払わなくてはなりません。

屋根塗装は雨漏り対策には必要不可欠なのです。

 

強風に弱くなる

屋根塗装を怠れば強風にも弱くなります。

屋根材が劣化すれば台風などで強風のあおりを受けた際、屋根は簡単に破損します。

強い台風が来れば雨水で侵食した屋根は、強風で屋根ごと吹き飛ばされる可能性も出てくるのです。

屋根塗装を先延ばしにするとさまざまなリスクを背負うことになり、無駄な出費がかさむことになります。

屋根の劣化状況や塗装するタイミングは、素人ではなかなか判断できないので塗装専門業者の点検を依頼することをおすすめします。

 

屋根塗装の目的

屋根塗装の目的

屋根塗装をする目的は、大きく分けて二つあります。

 

屋根を保護する

屋根塗装をする目的の1つ目は、屋根を保護することです。

屋根は雨や風にさらされるため、建物の中でも最も劣化しやすい部分です。

そのため屋根を塗装することによって、雨や風から屋根を守ることができます。

また、屋根の内部にはルーフィングと呼ばれる防水シートが貼られていますが、雨水の浸入を完全に防げるものではありません。

塗装をしなければ屋根材は雨水によって水分が浸透し、劣化が進み雨漏りの原因になるでしょう。

 

直射日光や熱から守る

 

屋根塗装をする目的の2つ目は、直射日光や熱を防ぐことです。

夏に照りつける紫外線と熱が、屋根材の劣化を促進させ反りやひび割れなどが現れてきます。

紫外線や熱に強い塗料は、遮熱塗料と断熱塗料があり日当たりの良い家におすすめです。

遮熱塗料は太陽光を反射して熱を抑制し、断熱塗料は熱を通しにくくする塗料です。

一般的な塗料より価格は高くなりますが、屋根材を守ることができます。

屋根塗装は雨風や太陽光から屋根材を守ることで、屋根材を長期間維持することができるのです。

 

屋根塗料の選び方

屋根塗装の塗料の選び方

屋根塗装で塗料を選ぶ際、何に気をつければ良いのか見ていきましょう。

予算もありますが、耐久性がなく長持ちしない塗料はメンテナンスサイクルが早くなり、長期で見ればトータルコストが高くなってしまいます。

そこで塗料の選択方法について解説します。

 

塗装後はツヤありが良い

屋根塗料には、ツヤがあるものとないものがあります。

なんとなくテカテカするツヤがある塗料より、落ち着いたツヤなしの塗料の方がイメージ的に選んでしまいがちです。

屋根塗装の効果からいえば、ツヤありの塗料の方が良いといわれています。

その理由として、ツヤありの塗料の方が親水性と防汚性が優れているからです。

ツヤあり塗膜で親水性が高いと、雨水で屋根表面が綺麗に流され掃除ができます。

また、防汚性によって汚れが付着しにくい特徴もあります。

屋根塗装はツヤありを選ぶことをおすすめします。

 

屋根塗装の塗料選びは耐久性優先

屋根塗装の塗料には耐用年数があり、出来るだけ耐久性の高い塗料を選ぶと良いでしょう。

住宅の中で最も外的刺激を受ける屋根は、劣化する速度が最も早いといわれています。

夏の直射日光による紫外線や台風時の雨風をいつもまともに受けているため、屋根材や塗膜の劣化は激しいといえます。

劣化速度は、状況により外壁の2倍の速度で劣化が進む場合も少なくありません。

外壁の方が目に止まりやすいですが、屋根の方が耐久性の高い塗料を使うことが重要です。

屋根塗装の塗料は、外壁よりグレードの高い種類の塗料を選択するのがおすすめです。

 

まとめ

 

屋根塗装は、外壁塗装と同じように最も意識しなければならないリフォームです。

新築してから10年経てば塗装をする最適な時期です。

そのまま放置していると屋根材そのものが急激に劣化し、屋根としての役割を果たせなくなります。

外部の劣化を放置することは、せっかく今まで維持してきた我が家を一気に老朽化させることになるのです。

建物を大切に守ってくれている屋根をおろそかにしないように、メンテナンスは先延ばしにしないで行いましょう。

また屋根塗装は予算を少し増やし、寿命が伸びるよう耐用年数の長い塗料で塗装することをおすすめします。

メンテナンスサイクルが伸びることで、長期で見ると費用を抑えることに繋がります。

タイミングを逃すことで無駄な費用が掛かり、手遅れにならない間に業者へ点検を依頼しましょう。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る