現場レポート

神奈川県伊勢原市 外壁塗装 屋根塗装 チョーキング現象 セミフロンIIシリーズ

2020.4.3

神奈川県伊勢原市 外壁塗装 屋根塗装 チョーキング現象 セミフロンIIシリーズ

神奈川県伊勢原市で、外壁塗装・屋根塗装の報告の続きです!

 

 

外壁には劣化を示すチョーキング現象が発生していました。

チョーキング現象とは、外壁に触れた際、指に粉が付着する現象のことで、

外壁塗装の代表的な塗り替え時期のサインの1つです。

 

この粉は、塗料に含まれる合成樹皮が紫外線による劣化で浮き出て現れたものです。

 

また、屋根を調査したところ、雨水が流れた後の汚れがあり、

日光や劣化により防水力が落ちてしまっている状態でした。

 

神奈川県伊勢原市 外壁塗装 屋根塗装 チョーキング現象 セミフロンIIシリーズ

 

塗料には、屋根にはセミフロンルーフIIを使用し、

外壁にはセミフロンマイルドIIを使用しました。

 

これまでのフッ素塗料よりメリットが多く、

高耐候性、フレキシブル性(ひび割れしにくい)、

付着性(はがれにくい)、遮熱性(熱劣化を抑制)、

耐白亜化性(色褪せしにくい)、低汚染性と多機能です。

 

更に、ほとんどの塗料が3度塗り設計に対し、

セミフロンIIシリーズは2コートオールインワン設計の為、

工期を短くすることができました。

2液弱溶剤【4フッ化】低汚染型フッ素樹脂塗料

セミフロンIIシリーズについての紹介ページはこちら。

 

 

仕上がりが綺麗だ、DIYを検討していたが甘かった・・・とのお声をいただきました!

ご満足いただけたようで嬉しいです!

また定期訪問サポートで伺います!

 

−N−

 

海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、秦野市、厚木市、伊勢原市で、塗装工事、屋根工事のことなら、RINOAへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る